建てましょう!注文住宅@石巻市 石巻市だからこその会社選びガイド » 【PR】「人・土地・建物すべてが健康になる」住宅づくりを進める山大ホームを特集!

【PR】「人・土地・建物すべてが健康になる」住宅づくりを進める山大ホームを特集!

山大ホームでは、人に優しい家づくりを考え、同時に建物や土地も健康であるべき、と考えています。 人の健康を左右する要素を分析し、4つの要件として導き出し、健康で快適な住宅づくりを進めています。

山大ホームが考える「住まいに必要な4つの要素」

ヒートショックを減らす「温熱性能」

冬季の平均気温がマイナス2度まで下がる石巻。家の中の暖気を逃がさないための温熱性(断熱性)は高いに越したことはありません。山大ホームでは特に、冬場の浴室やトイレなどでのヒートショックを防ぐべく、温度差の少ない家づくりを進めているのです。

調湿・脱臭・防虫…様々な機能がある「自然素材」

無垢材で作られた床は、冬場でも素足で歩ける快適性があります。また、無垢材を始めとした木は、湿度の調節にも一役買ってくれるのです。

さらに将来、壁や床の一部をリフォームする場合、土に還る木材なら、環境への負荷も必要最小限に抑えられます。山大ホームでは自然素材を使うことで、人にも環境にも配慮した家が出来上がるのです。

土地や建物を長持ちさせる「抗酸化」

山大ホームでは、家を建てる際、土地に独自配合の炭を埋めることで、抗酸化環境を整えています。また、基礎部分にも抗酸化力を高めるために炭などで床下をコーティング。この一手間が土台の腐食だけでなく、シロアリ被害の抑制にもつながっているのです。

基礎部分だけでなく、室内の抗酸化環境にも気を配っています。建物完成後、室内仕上げの工程内で、抗酸化力の高い水溶液を室内各所に吹き付けることで、土地・基礎・室内の空気環境を整えています。

その他、現代の暮らしでは避けがたい電磁波対策も取り入れることで、健康への影響を極力減らそうと取り組んでいるのです。

空気の流れ・日の光を考慮した「健康快適住宅設計」

自然素材をふんだんに使い、温熱性能を高めて、抗酸化対策を施しても、過ごしにくい間取りでは、健康を考えた住宅とは言えません。

山大ホームでは設計担当者が各家庭の要望をヒアリングした上で、生活スタイルや暮らしやすさを損なわないよう、家づくりに取り組んでいます。

山大ホームが設計段階で重視しているのは、冬場の日差しと夏の涼風を感じられるよう、自然を活かした造り、そして、空気環境です。

それ以外にも家族や周辺の環境、地域特性も理解しつつ、建てる場所と人に最大限配慮した家を建ててくれます。

健康と快適性に最大限配慮した、山大ホームの施工事例を見て、新しい暮らしをイメージしてみませんか?