建てましょう!注文住宅@石巻市 石巻市だからこその会社選びガイド » 石巻で家建てるなら知っておきましょう! 注文住宅の基礎知識 » 長期優良住宅

長期優良住宅

石巻市で長期優良住宅を建てる際に知っておきたい基礎知識をまとめました。

長期優良住宅とは

長期優良住宅とは、平成21年に制定された「長期優良住宅認定制度」の基準をクリアし、認定を受けた住まいのこと。長期にわたって良好な状態で暮らせる、さまざまな措置が講じられていることが条件となります。その基準となる条件は以下の通りです。

バリアフリー性

将来的なバリアフリーリフォームに対応できるよう、廊下などに必要なスペースが設けられていること。

可変性

住んでいる人のライフスタイルの変化に合わせて、間取りの変更が可能となっていること。

耐震性

極めてまれに発生する地震に対し、継続した住宅利用のための改修の容易化を図るため、損傷レベルを低減できる措置が講じられていること。

省エネルギー性

省エネ法で定められている次世代省エネルギー基準に適合する、断熱性能等の機能が確保されていること。

居住環境

良好な景観の形成、地域における居住環境の維持・向上に配慮した建物であること。

維持保全計画

定期点検や補修などの計画が、建築当初からしっかりと策定されていること。

維持管理・更新の容易性

構造躯体よりも耐用年数が短い内装・設備の維持管理(清掃・点検・補修など)を、容易に行うための措置が講じられていること。

劣化対策

劣化対策等級3相当、床下空間330mm以上が確保してあり、数世代にわたって住宅の構造躯体を使用できるようになっていること。

住戸面積

一戸建ての場合は住戸面積75m2以上で、少なくともひとつのフロアの床面積が40m2以上となっており、十分な居住スペースが確保されていること。

長期優良住宅の認定を受けることのメリット

長期優良住宅の認定を受けた場合、さまざまな税金の優遇措置を受けることができます。

住宅ローン控除

家を建てる際に住宅ローンを借りた場合、年末のローン残高の1%が10年間にわたって所得税と住民税から控除される制度です。一般住宅の場合、控除対象借り入れ限度額は4,000万円となっていますが、長期優良住宅の場合は5,000万円。つまり、最大で10年間500万円の控除を受けることができます。

不動産取得税

不動産取得税とは、土地や家屋の購入・建築によって不動産を取得した際にかかる税。一般住宅の控除額は1,200万円となっていますが、長期優良住宅は1,300万円の控除を受けることができます。

登録免許税

住宅を建築した際、法務局に対して所有権保存登記を行うのですが、一般住宅の場合はその際に不動産価格に対して0.15%の税金がかかります。しかし、長期優良住宅の場合は0.1%、さらに所有権移転登記も軽減されます。

固定資産税

住まいの床面積が50m2以上280m2以下の場合、戸建てでは3年間にわたって固定資産税が1/2減額されます。しかし、長期優良住宅の場合はこの期間が5年間となります。

長期優良住宅のデメリット

良いことづくめに思われる長期優良住宅ですが、いくつかのデメリットもあります。まず長期優良住宅の基準を満たすための仕様や設備にする必要があるため、一般的な注文住宅よりも数週間から数ヶ月ほど施工期間が長くなります。

また、長期優良住宅の申請をするのにも費用が必要で、5~6万円のコストがかかります。さらに長期優良住宅は維持保全計画が条件となっているため、最低でも10年ごとの定期点検が必要。そのたびに費用が必要となります。

建築コストに関しては、最初から水準の高い注文住宅であれば長期優良住宅仕様にしたところでそれほどコストが上がることはないでしょう。

管理人・まきこが選んだ!石巻市のおすすめ注文住宅会社2選

自然素材×高水準な空気環境
子どもにやさしい家

山大ホームの施工事例写真
画像引用元:山大ホーム公式サイト(https://www.yamadaihome.com/works/)

山大ホームの公式サイトへ

ゼロエネルギー×エコ
地球にやさしい家

おしかホームの施工事例写真
画像引用元:おしかホーム公式サイト(http://oshika-kanko.com/works_taxonomy/home_example/)

おしかホームの公式サイトへ